サンバホイスクからサンバウォークの繋げ方

サンバ基本ステップ~ホイスクのコツ後編~

こんにちは、稲田です、前回はサンバホイスクのポイントについてお話ししました。

前回の記事はコチラ

本日はサンバのホイスクから次のステップはサンバウォークをやる事が多いと思いますので、今回はサンバウォークに移る際のポイントについてお話ししていきます。

 

 

さてサンバホイスクからサンバウォークに移ってから、男女が互いに組んだ状態で前を向いて前進ウォークをしていくのがサンバウォークですが、ホイスクからサンバウォークに移る時が結構難所です。

 

お互いに、ホイスクをやってからサンバウォークに移る!とあらかじめ順番が決まっていれば問題ないのですが、それでもサンバウォークに移る際にバランスが崩れやすいです。

 

まずサンバホイスクは前回お話しした通り、whisk=ホウキやブラシで払う、という様を意味しているので、ステップする際にまずは床を払うような動作をしてから足を横にステップするということでしたね。

 

ホイスクからサンバウォークに移る時のポイントは答えを先に答えを言ってしまうと、

『クローズドポジションからプロムナードポジションにポジションを変える事でサンバウォークにスムーズに移れる』

 

という事ですね。

 

サンバホイスクとサンバウォークは当然ながらステップが異なりますね、ステップが異なるという事は体の運動の流れも異なってくるので、その時に変化を加える必要がありますね。

その変化を加え方がポジションの変化という事なんです。

それが今回で言う『クローズドポジションから⇒プロムナードポジションに変化させる』

ことで、男性は女性へのリードになりますし、女性も踊りづらい状態を減らせます。

クローズドポジションはお互いに向き合ってノーマルホールドを組んでいる状態で、

プロムナードポジションは男性が左側、女性が右側に向いてお互いにV字に開くことでしたね。

そしてクローズドポジションからプロムナードポジションに移る時のタイミングが

『1a2』の”a”の時にプロムナードポジションに開きます。

そうすることで、『今から次のステップのサンバウォークに行くよ!』という合図になります。

 

 

サンバホイスクからサンバウォークへ移るポイントのまとめ

●サンバホイスクはクローズドポジションで行い、サンバウォークに移る時の合図は「1a2」の”a”の時にプロムナードポジションにポジションを変えることで、サンバウォークに移ることができる。

 

関連記事

  1. Dr稲田のラテンレッスン第1回

  2. ラテンダンスのすゝめ№4 オープンヒップツイスト踊り方のすゝ…

  3. ラテンダンスのすゝめ№5 「中級ラテンレポート」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。