ラテンダンスのすゝめ№4 オープンヒップツイスト踊り方のすゝめ

ラテンダンスのすゝめ №4
オープンヒップツイストの踊り方のすゝめ

どうも、稲田です。

本日のテーマは前回のオープンヒップツイストの続きになります!

題して「ルンバオープンヒップツイストの踊り方のすゝめ!」

タイトルにもありますが、【ラテンダンスのすすめ】に込められた意味は、

20年間、自分が今までダンスを学んできた中でラテンダンスの正しい踊り方、効果的かつお薦めの方法をお伝えしていきダンスの面白さと興味深さを、今以上に感じてもらいたいという思いが込められています。

そしてダンスを通じて少しでも心身が豊かになるキッカケになれればと思います。

自分が見習の頃、先輩にこう言われた事があります。

『人が生きていく上で不可欠な”衣食住”にダンスは関連していないので世間のダンスへの優先順位は低い」

そりゃそうだと思います。

私達が生きていく上で、食べる物や着る者、住む所がなければ死んでしまいますので優先順位が高いのは当然で、その先輩の考えは正しいと思います。

ただ「衣食住」が満たされれば身体的に満足しますが、私達はそれだけでは幸せになれる生物ではありません。

”心身”という密接な2つの存在が満たされて初めて私達は生き甲斐を感じる生き物ですので、

だからこそダンスは勿論、スポーツ・芸術などの文化的な要素(カルチャー)は衣食住に関係してなくても私達にとって必要不可欠な存在ですし、だからこそ大昔の時代から現代になった今も無くならずに私達の興味を引き続けながら存在しているんだと思います。

もしも明日から”歴史や文化、芸術、娯楽全てが消えてしまい、食べて寝て、ただ生き延びるためだけの毎日になってしまうとしたら?

想像するだけでもゾッとします…(;^ω^)

もし今の私が当時その場にいたとしたら、その先輩にこうお伝えしたいです。

『確かにダンスは衣食住に関連してないし優先順位が後ろの方かもしれません、でも私達ダンスに携わっている人間にとってダンスはその人の人生を豊かにしてくれる必要不可欠な存在です!』

つい熱中してしまい話が横道にそれてしまいました(;^ω^)

話を本題に戻しますが、オープンヒップツイストと言うステップをよくよく分解してみるととても興味深いステップなんです。

ルンバオープンヒップツイストの足型は…?

ルンバのオープンヒップツイストは男性は右足体重で一歩目は左足前進、女子は左足体重で右足後退からスタートする、全部で6歩のステップですね※”2341×2小節”のステップです

このルンバのオープンヒップツイスト、

男性は1歩目から【左足前進⇒右足体重⇒左足閉じる⇒右足後退⇒左足前進⇒右足横へ】

女性に関しても1歩目から【右足後退⇒左足前進⇒右足前進⇒1/4回転して左足前進⇒右足アクロスして前進⇒1/2回転して左足後退】

というのが一般的な認識だと思いますし僕自身も過去そう思っていました。

確かにこれでも踊れますし、それほど抵抗なく普通に踊れます。

ただ、基礎の部分から見たら本当に正しいのか?と言うと多少疑問が残ります、特に

『男性の”二歩目の”右足体重”の部分』 『”女性なら5歩目の右足アクロスして前進”』の部分が少し踊る時に違和感がありませんか?

というのは、本当に踊りやすく自然な感覚なのか?と言う事です、そういわれると疑問が残ると思います。

【そういうものだと思って踊っている】と言うのが正直なところだと思います。

ただ疑問が残るという事はまだ治す点があるという事でもあります。

ルンバオープンヒップツイストの基礎的に正しい踊り方はこれ

男性編

男性だと1歩目〜2歩目の部分【左足前進⇒右足体重】ではなく

『右足前進⇒左足に体重を移す』です。

”移す”とは英語でtransferと言い、ラテンで移すとは先行歩のステップの終わりでフロアへのプレッシャーが残っている状態です。

要するにわかり易く言うと【一歩前のステップの終わりの足の体重がまだ残っている状態”】という事です。

上の男性のオープンヒップツイストの例で言えば、二歩目の”左足ステップした後”1歩目の足に体重が残っている、という事です。

残っている状態を作るにはどうしたら良いか?というと

『一歩目、前進歩をした後にそのステップした左足のボールで床を押して二歩目に移る』これをやってみてください。

一歩目の左足の前進歩をした後、二歩目に移る前に、一歩目の左足のボールで床を押してから二歩目の右足に体重を移してみてください。

自然と”チェックアクション”の動作になる、又はチェック動作がやり易くなると思います。

女性編

女性は特に4歩~6歩【1/4回転して左足前進⇒右足アクロスして前進⇒1/2回転して左足後退】の部分ですね。

この女性の4~6歩目の部分、正確にはこうなります。

4歩目

『(右へ1/4回転した後に)左足前進※この時に左足つま先はLODの方向に向いており右足のつま先が壁斜めでボディは壁に面しています。』この4歩目の状態を作ってから

5歩目

『右足アクロスして前進』が行いやすくなります。※特に4歩目の左足つま先がLODに面している事が重要です。

6歩目

4歩、5歩目を正しくステップする事で6歩目の『1/2回転して左足後退』も行いやすくなります。

女性の場合は特に5歩目が何故『右足アクロスして前進』という動作が行われるのか?というのが一番気になる箇所だと思います。

それは男性のリードを受ける事でなる、ということにプラスして

『(右へ1/4回転した後に)左足前進※この時に左足つま先はLODの方向に向いており右足のつま先が壁斜めでボディは壁に面しています。』という4歩目の前進歩の形になるから

5歩目の『右足アクロスして前進』という動作が行われるという事がこのオープンヒップツイストの最大の肝の部分だと思います。

ルンバオープンヒップツイストまとめ

【男性のポイント】

男性だと1歩目〜2歩目の部分【左足前進⇒右足体重】ではなく

『右足前進⇒左足に体重を移す』ことが大事、それが男性のチェックバックの動作に繋がる。

【女性のポイント】

女性の場合は5歩目の『右足アクロスして前進』という動作が重要

4歩目の『(右へ1/4回転した後に)左足前進※この時に左足つま先はLODの方向に向いており右足のつま先が壁斜めでボディは壁に面しています。』という形を作る事で、
5歩目の『右足アクロスして前進』という動作が行われるという事。

次回はルンバの【スリーアレマーナの正しい基本的な踊り方】についてお話ししていきますのでお楽しみに!(^^)/

関連記事

  1. Dr稲田のラテンレッスン第1回

  2. サンバホイスクからサンバウォークの繋げ方

  3. ラテンダンスのすゝめ№5 ルンバスリーアレマーナ編

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。